大工さんの工房  有限会社 柳沼工匠

福島県郡山市を拠点に営業中の地元密着工務店!新築住宅やリフォーム工事はもちろん、木材を扱う仕事なら何でもご相談下さい。より良い住まい造りのお手伝いをお客様と一緒に考えてご提案致します。若い職人が造る、無垢材をふんだんに使用している建物や住宅現場などご覧下さい♪ (写真:七間通しの棟木です)

新緑の季節

もうすぐ6月。
清々しい季節になってきました!
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
気温も暖かく日が伸びてきたので、現場での作業も一段と進む今日この頃。
郡山市安積町地内に建設中のS様邸も6月には完成内覧会を開催できる段階までになりました!
詳しい日時が決定したらお知らせしますね♪


4月
玄関の式台には、タモの一枚板を使い、框にはカヤという木です。
どちらの材料にも丸みがついているので、それぞれ土台や柱にぴったり納まるように、ヒカリつけます。
差し鴨居と対になる敷居には、地松をつかいます。4本の建具がはしる溝がついてあります。
ウッドデッキの天井となる軒には、杉の羽目板を使いました。
折置組の梁が、ぐっと存在感を増しました。


5月
施主様も見学に来て下さったので、張り切って頑張ります!
2階ロフト部分も徐々に仕上がってきました!
椿材の床張りも順調に進んでいます♪
完成が待ち遠しいです。






先月、仕上がったダイニングテーブルの納品完了しました!
塗装は蜜蝋ワックス仕上げなので、柔らかい雰囲気がお部屋にぴったりです♪
末永く可愛がっていただければ嬉しいです。





さてここからはリノベーションのご紹介です。
3月末ごろから
築140以上の住宅改築がはじまりました。
天井を剥がしてみると、真っ黒い煤のなかから、見事な丸太梁の構造がでてきました。
ナゲシという部材の裏には、明治5年の筆痕がみられました。
江戸時代に修行された先輩大工さんの仕事は、現場での貴重な教材です。
人の一生よりも長い年月を経て、今、自分たちが受け継ぐ現場。身の引き締まる思いがします。
この夏には完成の予定ですので、どんな雰囲気に仕上がるのでしょうか! 
 
  



ある程度の解体を終えた現場です。




長い間に積もった煤を落とす作業をしました。

雨ガッパを着ているのは、親方です。
この後、構造の補強を行っていきます。
古色の材料と、新しく入る土台や柱がどう組合わさるでしょうか。


5月
外周の構造補強と軒天井の張替の様子です。
建物の古色に合わせて、杉板と竿縁に柿渋を塗りました。
現場は柿渋特有の、よい香りがしております。



それではまた、現場からの声を楽しみにお待ちください♪